横浜市社会福祉士会港北区連絡会BLOG

より地域に根ざした社会福祉士会として…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

7月4日開催 港北区連絡会報告

第14回港北区連絡会

日時:2005年7月4日(月)19:00~21:00
場所:港北区福祉保健活動拠点 対面朗読室
出席者:6名

1.10月22日「ふるさと港北ふれあい祭り」、30日 「らくらく市2005」への参加について
◎区民への港北区連絡会PRと、参加団体との横のつながりをつくることを目的に参加します。(横浜市社会福祉士会でも、各連絡会のPR活動に対して、積極的に支援していく体制になっています)
●内容
?穴埋めクイズ:港北区連絡会パンフレットに必ず目を通してもらえるよう、パンフレットを見ると答えが分かるような内容にする。
→当選者には駄菓子を配布(メンバーの施設商品という話もあったが、他の団体の営業妨害をしてもいけないので、駄菓子となった)
?風船配布:横浜市社会福祉士会(以下、「横浜」)で作成したものを活用させていただく。
●経費
「横浜」から、活動費として20,000円用意されている。そのうち、5,000円は区社協会費、残りについては、パンフレット印刷経費とお祭りなどでのPR活動費として活用していきます。
●今後の予定
?らくらく市2005:8月9日(火)10:00~11:30、菊名地区センターにおいて打ち合わせが行われます。
?ふれあい祭り:そろそろ実行委員会が動き始めているので、所管である、港北区役所地域振興課地域活動係に問い合わせる。
?お祭り前に臨時連絡会を開催します。→10月17日(月)19:00~

2.PRパンフレットについて
◎日本社会福祉士会で出しているパンフレットと、メンバーが作成した叩き台を元に検討。以下の意見を元に、次回までに第2案を作成してくることになりました。
●現状では、「港北区連絡会」についてあまり目立たない。また、港北区連絡会としての「商品」もぼやけてしまっている。
これから活動を行っていく段階において、「これが商品」と銘打つものがまだ足りないにしても、せめて港北区連絡会用パンフレットとして、もっとPRを加えていく。
 →レイアウト変更や文言の工夫。ブログについても携帯版も含めてPRしていく。
●相談・問い合わせ先として、ブログにある連絡会独自のメールアドレスをはっきり明記する。
 →間違えて、ブログのコメント欄に送信されてしまうと、個人情報がネット上に公開されてしまうため。
●個人情報遵守について明記する。
 →「知り得た情報は、相談解決の為に福祉士会の内部で共有する以外に使用しません」的なもの(文言については要検討)

3.役員決め
◎会則が整ったので、次回(9月5日)に、全体会(総会)を開き、役員決めを行います。
●役員決めにあたり、港北区在住・在勤のメンバーから、自薦・他薦およびご意見を募集します。(役割については規約に基づく)
 メンバーの中で、「我こそ!」「この人こそ」「こんな風ではどうだろう」など、連絡会メール(kouhoku@yokohama.kanagawa.to)までメールをお願いします。(締切:8月末)
●自薦、他薦の状況を以て、9月5日に参加いただいた方で、事前にいただいた方々のご意見を参考に、役員を決めたいと思います。

4.今後の活動について
◎11月以降、連絡会内部の勉強会を行いたいと考えています。
●港北区在住者とはいえ、区内の福祉状況などがいまひとつ分かりづらいので、まず始めに、全体的な話を聴いた上で、「高齢」「障がい」「子ども」といったような分野ごとに勉強する機会を設けていければと考えます。
●ちなみに、それぞれ話をいただくのは、現場の職員のほうが良いのでは、という意見が出ています。
●なお、まず始めは、区社協から話をいただけるよう、話をしていくこととなりました。

以上
スポンサーサイト
  1. 2005/07/08(金) 23:09:40|
  2. 活動報告|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。