横浜市社会福祉士会港北区連絡会BLOG

より地域に根ざした社会福祉士会として…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

情報提供です3

<現地災害ボランティアセンターを支えるための仕組み作りを考える>
        ~「神奈川のいざ」という時のために~ 


神奈川では、県・市合同総合防災訓練での行動や、昨年の新潟での
災害支援活動を通じて、県内の災害ボランティアグループの交流が
進んでいます。今後もこうした動きを拡大・加速し、より実践的な
つながりを作ることが、神奈川での発災に対応する上で重要です。
しかしそのためには解決すべき課題も多くあります。

・それぞれのグループの力を有効に使うためのノウハウは?
・現地の負担をできる限り小さくするための周辺地域、遠隔地の力のまとめ方は?
・行政、社会福祉協議会等との連携は?
・県災害ボランティアセンターと現地ボランティアセンターとの連携は?
・そもそも全県災害ボランティアセンターなんて本当にできるの?

などなど、多くの課題を抽出し、検討し一つ一つ解決策を作り上げる
作業が必要です。今年9月4日南足柄市を会場に行われる神奈川・
南足柄市合同県総合防災訓練をテーマに、災害ボランティア、
社会福祉協議会、行政、地域など多くの方々との討論の場としたいと
思います。ぜひご参加ください。

―――――――――――――――――――――――――――――
日 時 2005年7月30日(土) 13:30~16:30

場 所 かながわ県民活動サポートセンター11階 交流サロン

主 催 神奈川県災害救援ボランティア支援センター・サポートチーム

連絡先  代表 宇田川規夫 090-9102-3914
udagawa@fe.netyou.jp
スポンサーサイト
  1. 2005/07/21(木) 13:45:03|
  2. セミナー・研修案内|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。